昭和天皇の女婿であられる東久邇宮盛厚殿下の発明哲学
「発明には上下の貴賤はない。小発明ほど尊い。ノーベル賞を百とるより、国民一人一人の小発明が大切だ。うまいミソ汁を考えた人には文化勲章を与えよ」である。
三大宮様賞として親しまれている東久邇宮賞、秩父宮賞、高松の宮賞の皇族賞である。
☆防病 ステビア料理研究家 中尾茂☆発明の日に受賞する。  現在までに受賞された人々をあげると、アンテナの発明者、八木秀治博士。ロケットの研究者、糸川英夫氏。
ノーベル賞のエザキダイオードの共同開発者、黒瀬ユリ子氏。を見出し、賞金つきで顕賞したので朝日や日経は「大衆ノーベル賞だ」と書きたてた。日本チューインガム発明者、森秋広社長。世界一マブチモーターの発明者、馬渕健一社長。磁力バンドの発明者、田中正一社長。ユーモア発明の柳屋金五楼氏。江戸屋猫八氏。桂米丸氏。等タレント多数。
財界では澁沢秀雄氏。生産性本部会長、郷司浩平氏。トヨタ自動車社長、豊田喜一朗氏。週刊朝日編集長、扇谷正藏氏。日刊工業新聞社長、白井十四雄氏。遠藤周作氏。
政界では、総理大臣では三木武夫氏。竹下登氏。中曽根氏。東京都知事、青島幸男氏。各地市長、議長。 中尾茂。 等々


▲戻る